運気上昇ぐっすり眠って厄落とし

しあわせになる方法
スポンサーリンク

睡眠が運気を好転させる

人は一日何時間眠れば身体に良いとされるかご存知ですか
理想の睡眠時間は6から7時間です。けれども個人差があります。
短くても大丈夫な人もいますし、ショートスリーパーになることも可能ですが、運気を好転させるためにはしっかり睡眠時間をとることをおすすめします。
なぜなら眠るだけで、厄が落ち、運気の流れが好転するからです。

できるだけ長く眠り、浄化のパワーの強い「白」の寝具を使うとさらに効果的ですよ。

寝る前にしてはいけないこと

眠る直前までスマホをいじっている
ブルーライトなど強烈な光は睡眠の質を下げます。
お酒とカフェインは悪
お酒でいい気分になるとうつらうつら眠くなり、睡眠に良さそうですが、実は浅い眠りのため、脳や体の疲れを回復や、記憶の定着、成長ホルモンによるケガの修復、ストレス発散などの効果が低くなります。カフェインも眠りを妨げるためだめです。

ぐっすり眠るために

安眠ホルモン メラトニンを増やそう

寝る3時間まえから部屋を暗くすることでメラトニンの分泌を促します。

脳をリラックス

軽めの読書や良い香りのアロマなどリラックス出来て効果的です

入浴法で快眠

寝る90分前にお風呂に入ると、体の奥の体温がうまく下がり、安眠につながります。お風呂の温度はぬるめの40度くらいがベストです。40度以上の熱めの温度にするのは交感神経をたかぶらせ不眠を起こす原因になります。快眠のためにはぬるめの温度で半身浴を10分以上するのがおすすめです。リラックスして入浴するとストレスを和らげる効果も期待できます。
また足湯も効果的です。忙しいときにもいいですね。洗面器にあつめの42度で行うといいでしょう。ストレスを和らげるラベンダーの入浴剤やアロマオイルを使用するとリラックスします

女性の睡眠障害

女性のホルモンバランスにより睡眠障害につながることも。30代-40代にホルモンバランスの変化により、冷え症であったり、ほてりであったりと体温調整がうまくいかず寝苦しい原因があります。
特に更年期障害のほてりで寝苦しい時、アイス枕や冷えピタなど使用すると寝付きやすくなります。少しでも快適になるよう手を打つと、なぜか安心感からかぐっすり眠れたりします。要はリラックスできるようになにかできるといいですね。
そして起きたら朝の光を浴びてセロトニンをたくさん分泌するよう促し、日光浴するなど自律神経を整えましょう。

たっぷり寝れる時は寝る

月経後の低体温期を利用して、たっぷり眠れるときにたくさん寝るといいですよ。つらいときの症状が軽くなります。たくさん眠ることにより、体の疲れが取れ頭脳は冴え、行動のパフォーマンスが上がります。もちろん美容にもいいですよ。無理せず寝ることがすべて良い方へ導きます。

寝るだけで厄落としになり、運気が好転するわけです。