幸運を運ぶ室内ガーデニング初夏の薔薇のお手入れ

癒し
スポンサーリンク

意外と簡単。薔薇をつかった寄せ植え

寄せ植えの薔薇が咲きました。
風水的に黄色い薔薇は金運アップのパワーを持つと言われてます。
寄せ植えしてから2回目の花が無事につきました。

つぼみから花が咲いて、約4月から5月のあいだ、綺麗な薔薇がたのしめます。

切っていけてもいいですね。

他の切り花と一緒にいけました

ハーブと寄せ植えで害虫つかず

春になるとアブラムシなど心配なのですが、今回の寄せ植えには、ムシがつきません。
一緒に寄せ植えしたハーブたちが虫除けになっているようです。
おそらくミントの香りが効いているようです。
去年のアブラムシ対策は木酢を500倍希釈してスプレーしてました。
アブラムシ対策

薔薇の手入れ・剪定

つぼみが開き始めたら花を切り、次の花をつけるために余分な枝を落とし剪定します。
もしミニバラであれば剪定は必須ではありません。経験上そのままでも花は付きますよ大丈夫です。

下から2-3セットの葉を残し、花を切ります

下から2-3セットの葉を残し、花を切ります

下に葉のセットを2-3残しすのがコツ

下に葉のセットを2-3残しすのがコツ

5月は新苗を植えるのにも適してます

今くらいに薔薇を寄せ植えするのもいいですね
花がもう少し楽しめ、生育がよく、また秋冬には新しいつぼみがつくことでしょう。
薔薇寄せ植え

ハーブ

ハーブと一緒に植えると害虫がつかなくて一石二鳥です。
ハーブは強いので育てやすいのもいいですね。

寄せ植えで運気アップ

緑は風水のアイテムにもなります。
風水アイテム

鬼門を避け、日当たりの良いところにおくと、運気アップです。
黄色い薔薇の花で金運。
ハーブなどは上向きの葉が多いので開運のパワーを増します。
トゲの鋭い植物で厄除けアイテムにするのも手です。
サボテン
アロエ
などが当てはまりますね。気が淀むところ、鬼門を隔てたり、悪い流れを断つ目的で使うといいでしょう。
例えば、ベランダでも日当たりの悪いところにアロエを置くと外からの悪い気を払います。

5月の手入れ。肥料など

葉をたくさん落とした場合は、肥料を少したすといいかもしれません。
今回は有機肥料(液肥)を与えました。

希釈してふだんの水やりの要領で与えました

肥料やけすることも多いので、土の状態で様子をみながら、与える肥料も変わります。
たとえば根が元気で、葉が広がらない時は化成肥料を少し足すといいかもしれません。

花を落とし寂しくなりましたが、また花がつくのを待つ楽しみの日々です。
薔薇は一回咲いて終わりでなく、また楽しめるのがいいですね。

今回の寄せ植えはミントと一緒のおかげで、あったかくなった今でも、全く虫がついてないです。理にかなってますが、狙ったわけでなく偶然ですけど。
ベランダなどでも楽しめる薔薇を入れた寄せ植え。みなさんもいかがですか。

幸運を呼び憂鬱を吹き飛ばす方法